40歳を越えての膝の痛みを軽減して対策してみる。フットサルは?大丈夫?

20171214222203427.jpg

先月ぐらいから、
違和感として感じていた

「膝の痛み」

最初は気のせいかと思ってましたが
最近になって確実に痛みとなって
日常生活でも感じるようになりました

基本的には体だけは丈夫だと
思っていただけに
自分的にはショックではありますが

これは、加齢によるものもあり
治療という事よりも

「軽減」や「対策」をすることで
選手生命?!を伸ばしていく方向に
考えるようにしたいと思います。



■もくじ


 ▶原因
 ▶対策
 ▶運動で改善
 ▶サポーター
 ▶最後に


Sponsored Link








■原因



最近はフルコートサッカーで必要な
「インステップキック」を練習し
膝にも負担を掛けていたんだと思います。

30.jpg

野球でも同じなのですが
変なフォームや無理な投げ方では
すぐにヒジや腰を痛めてしまうので

サッカーでも同じで、
無理に蹴りこんでいくと
体に負担が掛かるのでしょうね

この変の理解力はオッサンに
なったからこその経験値ですね♪

他にも

加齢によって軟骨や半月板が劣化
骨の強度の低下(骨粗しょう症)や
筋力・バランスの低下などが原因で

膝の負担増加して
滑膜の炎症や骨自体の傷む事になって
痛みが発生するというメカニズム

専門的な病名となると

変形性膝関節症
変性半月板損傷
特発性骨壊死
鵞足炎など腱の痛み
リウマチ

などがあげられますが、
素人では判断できませんが。

目次にもどる

■対策



サッカー選手であれば
ご理解頂けるでしょうが

医者にいった所で明確な
治療方法はありません。

自分の友人は、医者いにって
「もしも40歳になっても本気で
選手として続けていくつもりなら
手術しましょう。」

ただ・・・

「リハビリなど時間と労力が必要」
そこまでする意思があるのか?

と問われたそうです。

10.jpg

自分はあくまでも趣味と健康の為に
プレイをしているので、
家族や仕事に影響がでてしまっては
なんの意味もない事になります。

となれば・・
自分でなんらかの対策をして
少しでも楽しめる時間を、
継続できる方法を実行していくしか
ないのかと思います。

目次にもどる

■運動で改善



サポーターなど物質的に
軽減していくのも良いですが
他にも、筋力をアップさせる事で

緩和させる方法も考えてみよう~

脚の筋力は70歳では30歳の半分になる。
脚の筋肉を鍛え、
膝にかかる負荷を軽減できれば、
病気の進行を遅らせ、痛みを減らせる。

鍵を握るのは太ももの筋肉
なのですよ!!

20.jpg

いすに腰掛けて片方の脚を
足首を立てたまま水平に伸ばし、
5~10秒止めた後に下ろす。

次に膝を伸ばして床に座り、
膝の下にタオルや枕を置く。
置いたタオルなどを膝裏で
床に押しつけ、
5~10秒そのまま保って、
力を抜く。

この2つの運動で、
歩くときの蹴り出しを担う
太ももの筋肉を鍛える。

ディスクワークの自分にとっては
いつでも出来そうですね!!
他にも


膝や股関節や足首など
脚全体を鍛えるには
スクワットがよい。

肩幅より少し広めに脚を開いて立ち、
いすに腰掛けるように
お尻をゆっくり下ろす。
あまり深くしすぎず、
膝の角度が90度を超えないようにする。

無理な負荷はより膝への負担になる
ので避けて下さいね!!


筋トレは息を止めずにやる。
回数は筋力調整する。


毎日続けることが大切で、
筋力が増せば
膝関節への負荷を減らせる。

そういった、日々の生活で
改善できれば、ベターですよね

目次にもどる

■サポーター



とはいえ、やっぱり一番簡単な
方法といえば、負荷を軽減してくれる
「サポーター」ではないでしょうか?

AIGOU 膝サポーター スポーツ 両ヒザ用 保温 左右兼用 関節 靭帯 筋肉保護 損傷回復 通気性 伸縮性 3サイズ 男女兼用 ランニング バスケ サッカー 登山 アウトドア運動に適用 怪我防止 1枚入り (M)
AIGOU 膝サポーター スポーツ 両ヒザ用 保温

膝サポーター 膝 膝用 膝固定 関節靭帯保護 ひざ 怪我防止 通気性 スポーツ 左右兼用 サイズ別
膝サポーター 膝 膝用 膝固定

BERTER 膝サポーター スポーツ 医療用 両ヒザ用 保温 左右兼用 関節 靭帯 筋肉保護 損傷回復 通気性 伸縮性 4サイズ 男女 左右兼用 ランニング バスケ サッカー 登山 アウトドア運動に適用 怪我防止 S コード
BERTER 膝サポーター スポーツ 医療用 両ヒザ用 保温

多種多様にあり、
値段もピンからキリまで・・・
本当に選べませんよね。

スポーツでは有名なサポーター

ザムスト(ZAMST) ひざ サポーター ZK-7 バレー スキー Lサイズ 左右兼用 ブラック 371703
ザムスト(ZAMST) ひざ サポーター ZK-7 バレー スキー

ネットで探せば、スポーツ別に
特徴のあるサポーターもありますので
是非さがしてみてください!

目次にもどる

■最後に



年齢と共に、以前のようなプレーは
出来難いですし、私から言えば、

「やっては駄目」だと思ってます。

筋力などが若い時とはちがい
確実に低下しているし

筋力・体力の低下は
年齢と共に加速度的に下降します。

急加速度的にね

20~30歳での体力低下と
30~40歳での低下では

下降線が全く違うのも
頭に入れておいてほしいと思います。

同じトレーニングをしていても
昔とは筋力アップの効率が
下がってますから・・・


なので、まずは何歳まで
プレーをしたいのか?

どこまでやるのか?

という目標を設定してみて
それに似合ったプレースタイルや
トレーニングをすべきだと
自分は思っています。

20180919094310228.jpg

少しでも長くプレーしたいなら
今のプレーの質を下げるとか。

時間ができれば、少しでも
トレーニングに時間を割くとか・

そういった行動をしていくことで
目標に向かって近づけるのでは?

なんて偉いこと言ってますが
自分は出来ないかも~~

なんにしても
50歳までは頑張ってプレーしたいと
思ってますけど、無理っぽいかなぁ~

でも頑張ります!

目次にもどる

TOPに戻る

にほんブログ村 サッカーブログ フットサルへ
にほんブログ村



Sponsored Link







この記事へのコメント