灼熱の40歳がリフティング これだけで腹筋が筋肉痛

ビックリしました。
今日の朝、起きてみたら
なにか違和感を感じました。

「ん?」

ちょっと動いてみて
違和感の正体がわかりました。

それは・・・

腹筋の筋肉痛!

その原因となったのが



はい!
このリフティングですね!

動画ではこの程度の時間ですけど
最終的には50分ほど、
リフティングをしてました。

当然、この季節ですから
汗だくですよ・・・

この日の京都市内の気温は
「38度」
ですから、風もサウナのような
熱風が吹き付けてきます。

10.jpg

ダイエット効果は抜群ですね!

と話が脱線してきていますが
なんにしても、コレだけで
腹筋が筋肉痛となると、

「日々どんだけ腹筋を・・」

ディスクワークの怖いところ。
全く使ってないのですね。

リフティングの効果



上達の為に6。リフティングのコツと練習

この記事にもあるように、
「リフティング」の効果の凄さを
改めて驚いています。

イメージでは足だけの
運動に感じますが、

実際は腹筋も、そして
全身も使いながら
バランス感覚や体幹も
鍛えられてるはず。

それぐらいにリフティングって
大事なんですよね!!

是非、皆さんも運動不足解消や
ダイエットのついででも良いので

やってみてくださいね~!!

TOPに戻る

にほんブログ村 サッカーブログ フットサルへ
にほんブログ村



Sponsored Link







この記事へのコメント

  • ケン

    同じ40歳前後からフットサルを始めて四苦八苦してる身として、いつも記事を楽しく拝見してます!
    デビューして2ヶ月程ですが、自分では経験者と混じってのゲームも少しずつ足を引っ張ることが減って来たような気がするんですが(気のせいかもしれないです)、今になって重要だな、と感じるポイントは、

    1に体力
    2にルックアップ
    3に、2のためのボールコントロール(ボール慣れ)
    に尽きる気がします。

    体力は、あればあるほど、運動量もボールに触ることも多いので、結果上達も早くなるし、これは努力で埋められるとこらですよね(苦しいけど
    ルックアップは、ある意味経験者との一番の差というか、足下のボールを見てプレイすると人と、チラッとしか足下を見ない人とでは、プレイのスピードも質も段違いで、ボール保持中または受ける際に、いかに顔を上げられるかが、経験者との差を埋める重要なポイントだと最近つくづく感じます。
    そこを逆算すると、どれだけボールに慣れるか、最低限の止めて蹴る、ができるか、になるので、私も46さんのようにリフティングを練習したり、家の中で常にボールを転がしてます(利き足じゃない方で触ってる方が、効果的な気がします)
    ボールを保持しても焦らない、雑にならないためには、いかに顔を上げられるか、今はそこを課題に集中的に
    2018年08月12日 02:17
  • YORO

    >ケンさん

    コメントありがとうございます!

    やはり体力は重要ですし
    日々、衰えを感じる部分ではありますが
    逆にいえば、周りとの差をつけれる部分でも!

    どうしてもゴールデンエイジを経験してない
    自分達のような素人は、
    今、何ができるか?
    どうすれば、活躍できるか?

    でも、ケンさんのように
    日々練習されているなら
    安心ですよね~~

    これからも、お互い頑張っていきましょう~w
    2018年08月13日 11:15