40歳からフットサル・サッカーの上達の限界を思考してみる

setachannel10.jpg

40歳から始めたフットサルも  
3年を過ぎ、次の4月になれば  
4年目に到達しようとしています。

その中で、自分なりに練習をしたり
上手な人にアドバイスを貰ったり 
技術を盗んでみようとおもったり 

色々と試してきて、
「上達の限界」
というのを自分なりに考えてみました


Sponsored Link









注意)あくまでも復帰組の方は別として、
サッカー経験がない未経験者の
目線での話をしていきますね。

■ 1 練習方法



全くの素人っですから
やはり上達するには、
練習が必要となってきます。

10.jpg

自分も自宅の前で時間があれば
リフティングの練習をしたり、
キックの練習だったりと、  

自分なりに「技術」を伸ばす為に
コツコツ頑張ってきました。

結果として 数回しか出来なかった
自分でも100回は出来るようになりました。

その時の「達成感」「充実感」は
今までには経験の無い物だったので、
本当に嬉しかったのを思い出します。

リフティングによって、技術もそうですが
なによりも「体力」もついたことにより
ゲームでの動きの質がアップしたのも
体感できるようになりました。

日々 自分の成長を確認しつつも
周りの仲間にも褒めて貰えるのですから
上手くなっていくのです。

目次にもどる


■ 2 ゲームになると



最初は、迷惑をかけてはいけないと
パスばかり・・・
そのプレイスタイルが馴染んできると

相手プレイヤーも、パスを狙って
カットしてきたりコースを切ったりと
逆に迷惑になってしまうのです。

20.jpg

そんな中でも、練習の成果もあって
トラップや動きの質は確実に
アップしてますし、なんとか付いて
いけている気もしています。

実際にはどれぐらいゲームに貢献できて
いるのかは解りませんが、
なんとか
中学の時にサッカー部だったでしょ?
ぐらいのレベルにまでは、
達しているらしいです。笑

それでも、何か感じる上手い人との差。

何!と言われても解らないのですが
頑張って走っても蹴っても、考えても
何か埋まらない差。のような物が
見えてくるようになりました。

images (2).jpg

一体それは、なんなのでしょうか?
それが今回の記事のメインになるのです。

目次にもどる

■ 3 埋まらない差。



上手だと言われている人と
「自分との差ってなに?」
と考えてみます。

上手な人=技術が高い人。

間違ってはないと思います。
先日、やべっちFCにてフットサルを
していた小野・中村・松井など



素晴らしいテクニックで相手を
翻弄していて上手ですよね!
見とれてしまいます。

なら自分が今から本気で練習し
何年かかるが解りませんが
技術を高めていけば、

あのプレーと同じ事ができるのか?
答えとしては



という事に辿りつきました。
その理由は・・・
以前にも、記事にしていますが

ゴールデンエイジ(幼少期の記憶)9歳から13歳に覚えた技術は・・

40.jpg

ゴールデンエイジ。

簡単に言えば、
ある一定の年齢になると
習得の時間も短く、
その子供の頃に習得した
技術はブランクがあろうとも、
すぐに思い出せる。

という感じでしょうか?

目次にもどる

■ 4 ゴールデンエイジ



幼少期に得た経験と技術。

経験値によって考えなくても
体が動く瞬間ってありませんか?

例えば、野球少年だった自分は
今でもある程度のピッチャーだったら
ヒットも打つことが出来るでしょう。

勿論、サッカー少年だった選手も
それぐらいなら出来るでしょう。

ただ、もしもイキナリ変化球がきたら
サッカー少年は反応できるでしょうか?

もしくは遠くにボールを打ち返す事が
できるでしょうか?

幼少期に得た、経験と技術は
オッチャンになっても、
脳や体が記憶しているので
反応できてしまうのです。

20.jpg

この差というのは、
今から何をしても埋まる事ではなく
どうにも成らないのです。

コレが自分のいう
未経験者の
「上達限界」
と思っています。

ですが、その差を埋める事が
出来ない訳では無いです。

DSC_0680.JPG

今から沢山の経験をし、
沢山の練習をして技術を習得し
沢山の体力を得ることができれば

どんな差ですら埋まる事が
できるでしょう!!

というのが、理論的な話。
では実際は?

目次にもどる

■ 5 年齢的限界



先ほどにも述べたように
必死で練習を重ね、ゲームもこなし
経験値もアップさせる事で差は
埋まるはずなのです。

ただ・・・

17342774_756725977836888_4511458700090242086_n.jpg

次に問題になるのは
「肉体的限界」
となります。

40歳を越え体調管理をしながらも
練習しゲームもこなし・・
そんな事を続けていくと

どしても体が悲鳴をあげてきます。
自分のレベルで彼の話をだすのも
どうかと思いますが

10.jpg

「キング・カズ」

50歳になってもプロとして
一線で戦っている彼ですが、
やはり・・・

ドリブル、パス、ダッシュと
若い選手と比べるとキレがない。

あれだけ人よりも練習し
人一倍努力をしているカズですら
年齢的限界なのでしょう。

関節は固くなり、
筋肉はしなやかさが無くなり
反射神経も落ちていく・・

これはどうする事もできません。
あのカズですら、そうなんです。

私達があの練習量をこなす時間もない
場所も暇も気力も。

なら、どうしたら良いのでしょうか?

目次にもどる

■ 6 己を知る



結局は自分を知り、正しく理解して
取り組んでいくべきだと思います。

まずは目標設定。

「O-40京都代表」になるのか? 
仲間内でTOP選手になりたいのか?
普通に時間内を走り回れたらOKか?

それに対して、自分の体力と技術は
どの程度なのか?

何が足りなくて、どうしたら良いのか?

サッカーは一人でする個人スポーツでは
ないので、周りの仲間に相談したり
聞いたり、動画で再確認したりと方法は
沢山ありますから。

そしてその目標に向かって行動する。
高い目標になればなるほど、
労力を多く使わなければいけないし

低い目標ならば、体をいたわりつつ
継続できるようにしていく。

そんな感じでは どうでしょうか?

己を知る事で沢山の事が
見えてきますから、  
半歩下がって自分を見てみて
考えてみるのも
よいのではないでしょうか?

目次にもどる

■ 7 最後に



1511682153527.jpg

何が一番 悲しいかというと、
「怪我」をしてプレイができない。
という事。

楽しい時間だからこそ、
上手になって楽しみたい!
素晴らしい事ですが

怪我をして何も出来なくなるのは
本当に辛いですよね。
40歳を越えたいま、

心と体のケア

を大事にして
2018年もサッカーやフットサルを
満喫しましょう~!!

御清聴有難うございました!

目次にもどる

TOPに戻る

にほんブログ村 サッカーブログ フットサルへ
にほんブログ村



Sponsored Link







この記事へのコメント