2018年W杯抽選結果を見て。グループHは「唯一優勝国なし」

10.jpg

来年6月14日に開幕する
サッカー・ワールドカップロシア大会
の1次リーグの組み合わせ抽選会が
昨日の深夜である1日に行われました!

最終予選をああいった形で
クリアしてくれただけに、
本戦はどうなるのか?

そして、日韓以来のグループリーグ突破
をしてくれるのか?

その重要なポイントになるのは
「抽選結果」です。

Sponsored Link








抽選結果



日本はH組に入り、

コロンビア 6月19日15時、サランスク   
セネガル    24日20時、エカテリンブルク
ポーランド   28日17時、ボルゴグラード 


の順で対戦することが決まった。

コロンビア



60.jpg

日本は前回大会の1次リーグで対戦し、
1―4と惨敗した。
ハメス・ロドリゲスは日本戦での
勢いそのままに6点を挙げて、
W杯の得点王に輝いた。
初戦で激突するコロンビアとは、
通算3度対戦して1分2敗と未だ勝ちがない。
勝つのは難しいでしょうけど。
2014年ブラジル大会の
グループリーグ最終戦では、
1-4と大敗を喫している。
前回大会はケガの影響で出場を見送った
FWラダメル・ファルカオが、
所属するモナコでリーグ戦
12試合13ゴールと好調を
維持しており、警戒すべきだろう。

セネガル



11.jpg

8強入りし、旋風を巻き起こした
2002年日韓W杯以来の出場となる。
イングランド1部リバプールに所属する
FWサディオ・マネは身体能力の高い選手だ。
2003年以来、15年ぶりの対戦となる。
過去の対戦成績は1分2敗。
リヴァプールでプレーするFWサディオ・マネが
注目の一人だろう。
今季はケガで離脱する時期もあったが、
公式戦14試合で5ゴール5アシストを記録。
驚異的なスピードと体の強さを武器に、
プレミアリーグのビッグクラブで欠かせない
存在となっている。
またスピードあふれるドリブル突破が
持ち味のFWケイタ・バルデ(モナコ)にも
警戒が必要だ。

ポーランド



12.jpg

あの厳しい欧州予選を勝ち抜いたチーム。
どの国であっても実力国である事は
間違いない。昨年の欧州選手権で8強入り。
W杯予選ではデンマークなどを抑え、
8勝1分け1敗で勝ち抜いた。
ドイツ1部で前人未到の5連覇を果たした
バイエルン・ミュンヘンのエース
FWレバンドフスキが得点源となる。
FIFAランキング7位でもあり日本との
実力差は隠せはしません。
過去の対戦成績は2戦2勝。
相性の良い相手と言えるかもしれない。
ドルトムント時代に香川真司ともプレーした
MFヤクブ・ブワシュチコフスキ(ヴォルフスブルク)、
GKヴォイチェフ・シュチェスニー(ユヴェントス)
も注目である!

予想



さて・・・この結果を見て
良かったと思ったアナタ!
実際、良かったのでしょう。

他のグループをみてみましょう!

10.png

確かに、グループBや
グループFなんかも、
ほぼアジア枠では突破の可能性を
感じさせない様な組み合わせ。

というか・・・やっぱり
イタリアやオランダが出場しない
今回のワールドカップは
ちょっと、寂しい気がするのは
自分だけでしょうか?

20.jpg

厳しい欧州予選なだけに仕方ないのは
解っているんですけど、
あの2チームだけでも、何人の
スーパースターが居るのか?
そう思うと残念で仕方ありません。

脱線しましたが、
日本が入った「グループH」は
比較的良かったのかも。

こうなると、本当に大事なのは
「所詮のコロンビア戦」
この一線に引き分ける事ができれば
一気に予選通過のチャンスが!

もし勝利するような事があれば
かなりのチャンスですよね。

ただ・・毎回のように所詮で
負けてしまうと前回の悪夢が
蘇ってしまうのも本音です。

前回のワールドカップで
初戦にブラジルに負けたときに

「~までは出来ていた」
「悪くは無かった」
「反省してやり直し」

とかって言ってるようでは
話になりませんよね・・。

もうワールドカップの予選は
そういうレベルでの話ではなく
選手生命の全てを掛けて
代表に選ばれてるのですから

どんな結果になろうとも、
「死に物狂い」
で頑張って欲しいと思います。

最後に



今回のワールドカップは、
プレイヤーとして見る大会です。
今までの様にスター選手に
憧れるだけではなく、

プレイの質だったり、
テクニックだったり、
動きだったりと、  

選手目線でみて今後の自分の
プレイに生かせるように
なればよいかな~って。

勿論、真似はできないのは
解っていますけど、
何かチョットでも得たいものです!

なんにしても
頑張れ!日本!!

TOPに戻る

にほんブログ村 サッカーブログ フットサルへ
にほんブログ村



Sponsored Link







この記事へのコメント