強豪の高校サッカー部員、飲酒や喫煙!今時まだやるか?

全国大会優勝など、サッカーの強豪校として知られる宮崎市の私立鵬翔高校のサッカー部員4人が昨年夏、市内の居酒屋で飲酒や喫煙をしていたことがわかりました。
同校は2日、出場予定だった3日の全国高校サッカー選手権宮崎県大会の準決勝を辞退しました。

同校によると、居酒屋では部員4人と元非常勤講師の女性1人が同席。部員全員が飲酒し、1人は喫煙もしたといいます。女性は2015年4月から16年3月まで同校で勤務していました。サッカー部と関係はありませんでしたが、在職中から16年8月までに複数の部員と10回程度食事をし、部員の飲酒や喫煙が確認されたのは現時点で1回としています。

先月、県に飲酒などの情報提供がありました。県から連絡を受けた同校は、部員への聞き取りなど調査を進めており、近く特別指導(処分)をする方針

これだけインターネットや 
SNSで問題になっているのに
まだ、やってよい事と
悪いことが判断できないのか?

仮に若気の至りとして
ハメを外す時もあるでしょう。
けどそれは、一人の責任で
全て、自身に返ってくる場合。

高校生のクラブ活動では
沢山の人に迷惑を掛けて
しまうというのが、

まだ、判断できないのか?
しかも、強豪高ならなおさら!
今までの歴史や辛い練習
それを一部の生徒の軽はずみな
行動で全てが無になってしまう。

これは、反省しただけでは
取り返しがつかない事なんです。

多分・・・
一生、背負わなければ
いけない傷となってしまうのです。

そんな人生を狂わすかも
しれないような行動を
共にしていた大人。しかも
講師であり、女性?


この女講師は何?
何なの?一体・・
全くもって考えられない

単に若い男子に囲まれて
チヤホヤされるのが
よほど楽しかったのだろう。

飲酒、喫煙
多分、その先もあったでしょう。
出なければ
高校生と酒を飲む理由が
見つかりませんから。

こんな、何もかんがえれず
どうしようもない人が
周囲にいてしまった
彼達の不幸と私は思いました。


この問題も犯した選手達の
精神的なフォローをしっかりと
親や周りの大人たちが
してあげて欲しいとおもいます。

悪い事をしたのは
十分に解りますが

将来のある子供達に対して
どこまでの責任を
彼達に課して
許してあげれるのかが

大事になるのでは?

なんにしても、
悲しいニュースですね

TOPに戻る

にほんブログ村 サッカーブログ フットサルへ
にほんブログ村



Sponsored Link








この記事へのコメント