40歳からの体力アップの方法と対策。

お久しぶりです!

毎週、雨が降らなければ
頑張ってフットサルを楽しんでいますよ!

20160519234842517.jpg

そんな中
やっぱり上達に必要な事っていうのが
少なからず出てきます。

ありがたい事に
木曜サルでしょう」には

アラフォーになっても
向上心の高いメンバーが
多いので
刺激になってますね!


【上達の為19】体力アップの方法と対策

体力



勿論、40歳を超えているのだから
若い選手と比較してという事ではないです。

単純に同じ年代の選手と比較しても
確実に体力がないのが
目に見て解ります。

20.jpg

それを解消するためにも
今まで色々な事を試してきました。

Sponsored Link








リフティング



最初に取り組んだのは



リフティングにしても
何もやってこなかった自分にしては
十分すぎるほどの
体力アップに貢献してくれました!

何気に50回もリフティングするだけでも
体力が必要ですからね。

呼吸法



ゲーム中の息切れを解決しようと
肺活量をアップさせるために
呼吸法を取り入れてみました。

30.jpg

基本的な呼吸と姿勢

具体的なトレーニング法の説明に入る前に、
「トレーニングは腹式呼吸で行うこと」
「姿勢を正して、猫背ではなく背筋を伸ばして行うこと」、
この2点を覚えておいてください。
正しい方法で行わないと、
正しい効果が望めないどころか、
喉や肺を痛めてしまいます。

って事で具体例をあげるとすると

1.ペットボトルを使ったトレーニング

空のペットボトル(500ml)を用意してください。
そのペットボトルの口をくわえ、
唇で包むように挟みこみ密着させたら、
思いきり吸い込んでみましょう。

ペットボトルが潰れていくはずです。
ある程度潰れるまで続けたら、
次は息を吐き出して、
ペットボトルを元に戻してみましょう。

これをくり返すことにより肺活量が鍛えられます。

このトレーニングはかなり
メジャーな方法ですので、
知っている人もいるかもしれません。
ペットボトルは商品によって
硬さや頑丈さが異なるので、
最初はなるべく軟らかい材質の
ペットボトルをチョイスしましょう。

2.大きく呼吸→呼吸を止めるトレーニング

このトレーニングは道具を必要としません。
しかも、ごく短時間でできます。

まずは大きく息を吸い込み、
その状態で数秒(2秒〜5秒)
息を止めてみましょう。

次に、吸い込んだ息を全て吐ききり、
再び数秒息を止めてみましょう。
息を吸い込む・吐く動作は、
自分ができる限界まで行うことがコツです。

周囲の空気を全て肺に入れる感覚で吸い込み、
肺の中の空気を全て外に出す感覚で吐きましょう。
※決して無理はしないように!

自分は後者の2)を実践してみました。

なんでしょう
やっていると・・・

20.jpg

を思い出してしまうのですが
結局、同じ事なのでしょうね。

筋肉を鍛えるのには
呼吸」と「姿勢」は大事だという事だ!

結果



実際、意識しながら一週間ほど
試してみたのですが・・・

「余り効果はないのかも・・」
勿論、期間も短くどれほどの
影響があったのかは解り難いですけど

実感できないと
ちょっと継続は難しいです。
そんな甘い性格の
私なのですよ・・・

あっているのか?
いないのか?
それは解りませんが、

肺活量の一つのバロメーターとして
自分は

「息止め」 

を実践しています。

まぁ~解りやすくないですか?
寝不足の時とか体調が良くないときは

1分ぐらいで「ぜ~はぁ~
やばいです。

自分も呼吸方を色々試して
それなりに肺活量アップできたと
挑戦してみて

一番、頑張って
「1分35秒」ぐらいでしょうか?
(完全停止状態にて)

30.jpg
「限界だ!」

なにかもっと
コートを全力で走り回っても
元気な状態にならないかな・・

と、試行錯誤してみたんですけど
見つけてしまいました!

20.jpg

筋トレ?!

いやいや、

そんなもんじゃ~ないです。

一番、効果があるのが

禁煙

という事を考え
実は禁煙を開始しました。
これで何回目の禁煙かな?!

効果



さて・・・

禁煙をした効果なんですけど
現在 禁煙2日目。

で!

解り易い効果をしては
「息止め」なんですけど

どれぐらいになったと思いますか?

このブログを打ちながら
スマホで計測してみたら

2分31秒

喫煙者の皆さん!
2分を超える事ができますか?
本当に自分でもビックリの効果が
でましたね・・・

う~ん。
本当に禁煙による効果なのかは
微妙なんで

次回の木曜サルでしょうで
試してきたいと思います。

どうなるでしょう~か~!

Sponsored Link







にほんブログ村 サッカーブログ フットサルへ
にほんブログ村



この記事へのコメント