上達の為に6。リフティングのコツと練習(40歳からのフットサル)

やっぱりサッカー・フットサルでも
何も出来ないオッサンが
最初に挑戦しないといけないのは、

1.jpg

リフティング

だと思います。
場所もとらずに一人で練習できますし
「全てのボールタッチ」の
基礎ともいえる練習なのですから

ある程度は絶対に習得したい
技術なんだと思っています!

3ヶ月練習してきて
自分の感じたコツなどを
記事にしたいと思います。



Sponsored Link








■リフティングを始めた経緯



自分は30歳になるまでは
草野球・草サッカー・スキー・スノボと
体を動かす事を中心として遊んできました。
当然、運動は不得意ではありませんし、

学生の時の体育は「5」悪くても「4」という
典型的な

運動タイプの人間です。

それが
ラジコンでドリフトするという趣味を始め
全ての空きの時間をラジコンに費やしてきました。

2.jpg

あ・・・間違えました

こちらがその証拠です。

1.jpg

カッコよいでしょ?

真面目に頑張った結果、
それなりに満足の行く成績も
自分なりには収めれたかと。

しかし、
当然 気が付かない内に
奪われていく物が
あることに気が付きませんでした。

ただでさえ自分の仕事は
ディスクワークですので
平日にスポーツをした事はないです。

そんな自分が
40歳になりフットサルを始めて気づく

筋力」と「体力の低下

これは自分が想像していた以上の物がありました。
それに加えての

「加齢」

人間の筋力は25歳から
一気に下降線を描きます。
このカーブを日頃の運動で
補っておかなければ・・

そんなことも知らず、
考えず10年を過ごしたのです。

目次にもどる

■リフティングに行き着くまで



そんな自分がフットサルを始めてみて
体力と筋力の低下を肌で感じ、

「なんとかしないと!」と思えたのですが
何をしていいのかも解りません。

ジムに行く時間もない、
単純に筋力をアップさせる運動をするのも
継続する自身もない。

そこで仲間に聞いて見た所、
まずは「リフティング」となった訳です。

20161006154622452.jpg

といっても単に技術をアップさせなないと

今の「木曜フットサルでしょう」での
このレベルには付いていけないと判断しました。

経験者ではないので
本格的な指導を受けたこともない自分が
何をしないといけないのか?

答えは簡単。
「一からの基礎」
となれば、リフティングは当然のような
課題になっていました。

現実的に日本代表の選手もリフティングが
苦手な選手も沢山いるようです。

ですがフットサルとなると
技術の差は大きな差となって表面化するのは
一度でもフットサルを経験された方には
解っていただけると思います。

誰に聞いてもまずは

「リフティングから!」
というか、

初心者にはこれしか
言い様がなかったのでしょうね

何も出来ない人間にアドバイスを聞かれても
何を教えてよいのか解りませんもんね

目次にもどる

■リフティングの難しさ



さて、実際に始めてみて感じたこと。
それは・・・

「難しい~!」

そりゃそうです。
球状のものをシッカリ中心を
蹴り続けなければ
継続できる事は出来ませんから。

当然・・・
出来るはずがありません!

今まで出来たとしても
5回ぐらいが最高でした。

20歳ぐらいの時にやっていた
フットサルチームでは
リフティングをする必要がなかったのです。

それは5人中、自分を除く4人が
尋常でないぐらいの
高いレベルだったので

試合をしても負けなかったから
必要性がなかったのです。

 試合に勝てるのですから自分のレベルアップを
考えることもなかったです。

20.jpg

が、今の環境では当日にくじ引きで
チーム分けするので
誰とチームを組むかは解らないし
そうなると自分のレベル次第で周りの仲間に
迷惑をかけてしまうから・・・

そんな思いもあり練習してます。
なんにしても何が難しいか
それは・・・

「わかりません!!」

それすら解らない状態で始めました。

3回もやればボールはあっちに行き、
3回もやればスネにボールが当たり
もうどうして良いのか~

のでyoutubeの動画をみたりして
勉強をしたりしました。

けど・・・
大人の僻んだ目でみると
出来る人がやってるから出来るんじゃね?」と
地面に一度ボールをついてから、
もう一度蹴って
またボールを地面に。
って、それすら出来ませんから。

右足で5回、そして次は10回と、
継続してください。
と言われましてもできませんから・・

目次にもどる

■継続させていると



そんな事も繰り返しながら
また仲間に聞いてみたら。

「は?そんなんコツとかないしw」
「やり続けるしかないでしょw」 
「とにかく やれってw」    


って感じの答えが返ってきます。
そうなんです。

皆そうやって
続けてきたから出来るようになったんです。
そんな意見を聞いて
気分が楽になり、

それからは、動画やブログなどは見ず、

ミスしても続ける事」にしました。

10.jpg
すると、
やっぱり少しずつ回数が増えていくように。
最高で10回できるようになり、

15回、20回と。

当然、途中で回数が
増えなくなったりもしましたけど
それでも続けていきました。
そんな中、今の状況を仲間に話すと

30回できるように
なれば50回も一緒だよ~


その理由は 30回もやっていれば、
途中でかならずバランスを崩しているが
修正しているから。

それは50回やってても
必ず修正出来ている事だと。

それを聞いて30回が明確な目標になり
また、継続できる理由となりました。

目次にもどる

■リフティングのコツ



こんなのを書くのは
正解かどうかも解らないので
嫌なんですけど、

リフティングをしていて
自分が感じた事だけ書きます。

けど、これが皆さんに当てはまるのかは別ですので
聞き流していただければと思います。

1)大事なのは脱力感。



自分はどうしてもボールを上に上げようとするので
足に変な力が入ります。

これが変な力みになって
足の微妙な位置の移動の
邪魔になります。

力を入れなくてもボールは反発するので
ボールの下に足を入れれば自然に浮き上がります。

そのイメージと感覚を
意識して貰いたいです。

2)膝は曲げる事。



どんなスポーツでも同じなのですが
膝が伸びていると
動きの邪魔になります。
これは人によって
曲げる角度は違いますよね。

3)少し猫背。



そのほうがボールを
真上から見えるから
ボールの芯を捕らえ易いような気がします。

ピンと背筋を伸ばすと
回数が減る気がします。

と自分がこの3つは絶対に気をつけています。

勿論こればっかりは
人それぞれですから、
間違っているかもしれません!

何かのヒントになれば
よいかな?!と思います。

目次にもどる

■リフティングの意外な効果



と、色々と書いてきましたが、
伝えたいことはココからです。

8月ぐらいから始めた
「リフティング」ですが

継続してきた事で
何気なく気が付いた事。

それは
筋力」と「体力が確実にアップしました。

10.jpg

最初は「技術」の向上の為に
始めたのですが
回数が増えるにつれ
息切れがしてきます。

これって、
単純に体力を使っている
からなんですよね。

考えてみればリフティングって
ボールを突いている時は
片足で立っています。
という事は 

「踏み台昇降」と同じ効果なのでは?

自分のやりやすい方の足から昇り、
最初に昇った方の足から降ります。
姿勢については、

そして、まっすぐ前を見て
手を大きく振った方が、
運動量が増えて効果が上がるそうです。

ペースですが、有酸素運動なので、
息が切れてゼエゼエ言うようじゃ速すぎます。

おしゃべりができる程度の
ペースでやりましょう。

時間は1回10分ぐらいから始め、
体力や筋力がついてきたら段差を高くしたり、
時間を20分とかに
伸ばしていくといいと思います。

ちょっと内容が違いますけど・・・w

同じような効果が得れていると自分は思っています。

ボールを蹴り上げる時は
ボールの重みが片足に
乗るわけですから

それを耐えるべく筋肉が必要です。

そうです。自然に太もも、足首などの
筋力が鍛えられています。

自分はリフティングを
一時間弱やっています。
夜9時を過ぎると
意外に近所迷惑ですし、
20~21時までですね。

もし、有酸素運動をしているとなると、
有酸素運動の効果がではじめる20分後から
プラスして40分は運動しているのですから

10.jpg

ダイエット効果が半端ないです!

もちろん、発汗も凄くて
リフティングが終わればオデコから汗が
滴り落ちるぐらいですから。

 お陰で週末に暴飲暴食したり、年末に
恐ろしいほどに飲み食いしても

体重に変化なし!

多少の体脂肪率は変わりましたが
直ぐに元に戻りました。

食事自体も減らしたりもしていません。
いつもお腹一杯三食しっかり食べてますよ!
こんな副作用があったなんて!!

目次にもどる

■リフティング継続の結果



当然 
トラップなどの技術の向上はさることながら
自然に体力アップ、筋力アップが出来ているんです。

仲間が「とりあえずリフティングしとけ!」というのも
利にかなっていたんだと

今なら理解できるようになりました。
多分 それは経験したから言えるアドバイスを
言ってくれたからだと思います。

お陰で日々「上手くなった!ね」って言われるように
なりましたし、

なにより体型の維持にも良いですし
そんな意味でも
40歳を超えた方がフットサルやサッカーを
継続や始められる方には
リフティングをお勧めします!

長々と綴りましたが
伝えたい事はそういうことです。
長文にお付き合いしていただき
有り難うございました!!

自分はもっと、もっと上手くなりたく
頑張っていきたいと思います。
「継続は力なり!」を信じていきます!

皆さんも一緒に頑張っていきましょう!

目次にもどる

Sponsored Link







にほんブログ村 サッカーブログ フットサルへ
にほんブログ村

カテゴリ
上達するために(まとめ)

この記事へのコメント